1. 雨と夜に墜ちて歌詞

「雨と夜に墜ちて」の歌詞 NIGHTMARE

2013/1/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なにつらくない すこつかれただけ
ずっとわらえるほど さほどつよくない

おとりしきるあめあらわれてゆく
いたくて いつか旅立たびだった 姿すがた

いた身体からだかわいたこえわらしずかに
それはなにかがこわれだすおと
だれにもこえない だれにもとどかない メッセージ
なにわることもなくめぐ世界せかい

かげいかける いつもとどかない
のぼ階段かいだんも ここでわりだね

足下あしもとくらくらよるひろがってゆく
せば つかれたこのぼくつつ

ひとりはとりになった ひとりはねむりついた 真夜中まよなか
おな時代ときまれてきたのに
とおくにえる地平線ちへいせん のぼはじめるが やさしく
ちる身体からだ旅立たびだきみらす

世界せかいのどこかでは 出会であうこともない だれかの
いのち灯火ともしびえていく
あかまるつちあおくやさしいそらつながる
すこすこしばかり かなしいね ねえ?