「春雪うさぎ」の歌詞 NOKKO

1998/1/28 リリース
作詞
Nokko
作曲
Nokko,山田貢司
文字サイズ
よみがな
hidden
なつかしいべにいろ
ははむかしさしたよな
いそがしいふゆ
あかくパッとえた
かざのない
きみきだとった
あののあなたを
いまおぼえて ときぎて
はる春紫苑はるしおん
ウワサでは春雪はるゆきうさぎ
りんとして こいをして
いえいえわたしは
とりわけ自然しぜん
メイクだましいに
んーをつけた
やわらかいふく
ある歩道ほどう隙間すきま
都会とかいにはめずらしく
とけいそうがゆれている
つないだゆび
あいづかずにいた
あののわたしは
ちいさなはこでねむっている
はる春紫苑はるしおん
ちまたでは春雪はるゆきうさぎ
りんとして キスをして
しあわせをすこ
わかってきました
ちかごろ なんだか
とてもきれいです

はる春紫苑はるしおん
ウワサでは春雪はるゆきうさぎ
りんとして こいをして
いえいえわたしは
とりわけ自然しぜん
メイクだましいに
んーをつけた
はる春紫苑はるしおん
ちまたでは春雪はるゆきうさぎ
りんとして キスをして
しあわせをすこ
わかってきました
ちかごろ なんだか
とてもきれいです
はる
りんとして
はる
りんとして