「双生児」の歌詞 NOVELS

2011/10/12 リリース
作詞
Mao Takeuchi
作曲
Mao Takeuchi
文字サイズ
よみがな
hidden
それはきみ友達ともだちです
いつもきみそばにいます
身近過みぢかすぎて喧嘩けんかもします
けど一緒いっしょいてくれもします

もらったものはいつのにか使つかってしまいました
「それじゃあ はい これあたらしいやつ」
そうなるならなやみはしないけど
もしもあいみずのように消費しょうひされていくものだとしたら
そのちいさなからだに2じゃあ うばうしかないもんな

きみきみきらいだとった
でもきらいならなぜくの?

きみのそのこころはしっこがどうしようもなくいたむのは
大切たいせつなものくさないよう その友達ともだちつねるからだろう

North, South, East, West,
未来みらい過去かこまわある
計画けいかくなかにいれるように
ころんだってせるように
だれかがいことかんがえました
ひとつのからだに2人入りいれました
Adenine, guanine, thymine, cytosine,
二重螺旋にじゅうらせんおりなか
ときしずかんでこれないにはなや
「もうえたい」とおもったって
「それじゃなんかくやしくて・・・」
えるように
どちらか一人ひとりえるように
かなしみのそこがいつだってあたたかくきみことつつむように

なのに

きみきみかくしてきらうのは
きみむねおくほうえそうな灯火ともしび
たくすようにあずけたその友達ともだち
きずつけられたりしないように
まもるためにこしたシナリオ

きみはそのよわさや臆病おくびょうさをどうしようもなくきらうのに
それがあることでなにかを おもいやれることをっている
きみのそのこころはしっこがどうしようもなくいたむのは
大切たいせつなものくさないよう
その友達ともだちいのるからだよ

一人ひとりかないように
一人ひとりきないように