1. 帆船の透明度歌詞

「帆船の透明度」の歌詞 NOVELS

2012/9/26 リリース
作詞
竹内真央
作曲
竹内真央
文字サイズ
よみがな
hidden
よる片隅かたすみから るベッドのふね
あきらかに定員ていいんオーバーなのに 永遠えいえんねがったぼくらを
電気でんきスタンドがらしてたころ

なにきみにあったか ぼくらはけなかったけど
昼間汚ひるまよごしたシャツのこと 指差ゆびさしてわらったとき
いてるこころ気付きづいてたよ

かなしみのそこわらったあのとききみつよさが
さったままのこころ
あるいていけたら
どこまでけるのかな

にはえないもの それこそ大切たいせつなものなんだってさ
きずついてしまうことなんかより 本当ほんとうこわいのは
いたみを見失みうしなってしまうことだったんだね

かなしみのそこわらったあのとききみつよさが
さったままのこころ
あるいていけたら
どこまでけるのかな

だれもがかかえるよわさをいつかゆるせたらな

大丈夫だいじょうぶなにも心配しんぱいないよと
きみいまならえるのかな

あのふねにもうれないこと
いつかはそれさえわすれちゃうこと

過去かこにも未来みらいにもいられないのはきっと
今君いまきみわらうために 今君いまきみきるために