「心細胞学」の歌詞 NOVELS

2011/10/12 リリース
作詞
Mao Takeuchi
作曲
Mao Takeuchi
文字サイズ
よみがな
hidden
光学顕微鏡こうがくけんびきょうでものぞけはしない世界せかい
まぶたじ さぁさがしにこう
アスファルトのうえ かさ真下ました たたいた雨音あまおと
おくほうひびいた

想像そうぞうしてた以上いじょうふかやみなか
ライトもたずに一人ひとりぼっちで
かすかなおとたよりにしてすすむしかないのは
だれにもれない場所ばしょだから

つまずいたってこわくないよ
だってそれはずっとまえぼくかくしたもの

りないものをあたう そういうもんでしょう?って
きみこえぼくきながらくれたもの

天文学的てんもんがくてきかずったそれを
おもぶのははかないけど
出会であいのかずだけわかれがある そうえるつよさも
あのきみからもらっていたんだね

なみだ理由りゆうわすれても えたりなんてしないよ
出会であえたことよりも大切たいせつ日々ひびをきっと きていたから

記憶きおく細胞さいぼう つながりってできるこころ
つたえる言葉ことばえることができる世界せかい

りないもの きみぼく
なにかあげられたかな
ぼくはまだここにいるよ
きみすこしだけえた世界せかいなか

なみだ理由りゆうわすれても 何回なんかいだってさがすよ
孤独こどくのその意味いみやさしさの裏側うらがわった

まよいながらもつけるよ そしてうたうよ いつか
まためぐえたとき ちゃんときみれるように