「星と君とマーブル模様のこと」の歌詞 NOVELS

2011/10/12 リリース
作詞
Mao Takeuchi
作曲
Mao Takeuchi
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめてってあるしたときを
そこにいものがしかったことを
わすれずにずっとおぼえていられたとしたら
きずつくことなどおそれずいれただろうか

こころあたまなかにあるのにどうしてむねいたむんだ
はじまりとともわりはあるのに ぼくらはおおきくなった

おもをいつもさがして

本当ほんとううそのようなことがこるのは
きみいのちをこのほしわすれたりしないから

つき欠片けっぺんだとおもっていたいし
じつはどこにでもちているいしころで
自分じぶんにだけだとおもんでいたものが
じつだれにでもあたえられたもので

てた瞬間しゅんかんはすっきりしたのにどうしてむねいたんだんだ
こころがそれらをてないからだろう 過去かこわってしまっても

いつまでもきみそば

本当ほんとううそのようなことがこるのは
きみなみだをこのほしわすれないから

そうやって何度なんどまよまってきた
気付きづくとぼくらの地球儀ちきゅうぎ落書らくがきのようなしるしあふれた
人造じんぞう希望きぼう わすれてはいけないもの
ひとつも無駄むだいんだよ
てるものなんてひろってないんだから

臆病者おくびょうものよわくてずるくてきずつくことをおそれても
それはきたいとねが証拠しょうこ きずいまじゃ模様もようなんだ

このほしととてもよく

本当ほんとううそのようなことがこるのは
きみいのちをこのほしわすれないから
はじまりとともおわるけどかがやいているのは
きみいのちがこのほしこころだからだよきっと