「さようなら」の歌詞 NSP

1973/6/25 リリース
作詞
天野滋
作曲
天野滋
文字サイズ
よみがな
hidden
やけに真白まっしろゆきがふわふわ
ぱだかをこごえさせ
せみどもはつちした
あったかいんだね
ぐっすりねむ
昨日きのうまでそうだったように
明日あしたも このままで
いたかった
たのしかったわ だなんて
それが最後さいご言葉ことばかい
ひとの言葉ことばわるいいたずら
あいこころにかいた落書らくがきさ
いつまでもこころ
へばりついて
ぼくのこころさみしくさせる
さようなら さようなら…
さようなら さようなら…
去年きょねんふゆはふたりなかよく
こたつで まるまって
いたんじゃないか
きみはみかんを
むいてくれたし
ありがとうって
ぼくはわらったはずさ
ぼくにはきみ大切たいせつなのに
きみだって おんなじはずさ
あれはうそっぱち
だったんだね
もういいよ さようなら
さようなら
さようなら さようなら
さようなら ah
さようなら さようなら
さようなら
さようなら さようなら
さようなら ah
さようなら さようなら
さようなら さようなら…