「夏、夢、蜃気楼」の歌詞 Nem,GUMI

2012/6/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
うわさ本当ほんとうだったか 最近さいきん機嫌きげんだもんね
「マジできなんだよ」とか真顔まがおでやめてきたくない
ひとりそだててきたおもわたしだって一緒いっしょだから
なにえないじゃない とおくにゆらめく背中せなか見送みおくった

まとわりつかないでよ ぺらぺらのスカート
あのいたかみ うざったい うざったい

こいどく 夜中開よなかあいたくちからするり しのむ まるでけむり
つかまえたいときほど くうのひら
垂直すいちょくさる日差ひざいたいたいた

おないろのスニーカーとか かさなるちいさな運命うんめい
意味いみのない偶然ぐうぜん そうおもってたんでしょわかってるよ
ねつますようにかぜ夕立ゆうだちたたいても
たなびいた一筋ひとすじの そのきはえようがないのに

蝶々ちょうちょ熱射病ねっしゃびょうよ ふらふらりながれて
やさしげなかお じれったい じれったい

なつゆめ もがくほどひとみにしみる かぶ笑顔えがお蜃気楼しんきろう
渦巻うずま線香向せんこうむかう けようのないわり
ほらまたデートの報告ほうこく いたいたいた

こいどく とれいたくちからするり しのむ それはけむり
むねおくついたが くすぶってる証拠しょうこ
めてくれない日焼ひやあと

なつゆめ わたしじゃない理由わけおしえて けば また蜃気楼しんきろう
つぶやこえる距離きょり なのにつかめない距離きょり
たことない特別とくべつ仕草しぐさ いたいたいた