1. 宵闇のアウグスティン歌詞

「宵闇のアウグスティン」の歌詞 Nem,GUMI

2012/6/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
れたつばさは もうかぜることはなく
カラスはねむくらつちなか
そらながれる てんがわ岸辺きしべ
いま二人ふたりってるかな

ぼくわすれない

ばたいて ばたいて
何処どこまでも ばたいた
よるこう また出会であえるとしんじて
いまでも うたひびいている

このまちには 二羽にわいぼれガラスがいて
下手糞へたくそうた ひびかせてたんだ
だけどあるあさ 一羽いちわうごかなくなった
のこされたのは 宵闇よいやみのアウグスティン

かれった

このそら最果さいはあお流星りゅうせいつけたら
ねがいがひとつだけかなうという
根拠こんきょのない迷信めいしんだ このまちじゃもう100年ひゃくねん
だれほしるのをてない
それでもかれつづけた

つきさえねむしずかなよる
かれ羽音はおどは そっと途絶とだえた
それをていた 夜空よぞらいた
くも穿うがなみだしずく

そしてぼくいた
二人ふたり歌声うたごえ

あのからこのまちよるはずっとふかくなって
そらはいっそうかがやいてえるんだ
わすれない わすれない
わすれない わすれないよ
一年いちねん一度いちどだけほし

その宵闇よいやみのアウグスティン
いまでも うたひびいている