「かなしみのなみにおぼれる」の歌詞 Neru,鏡音レン

2013/3/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
手足二てあしふたつずつえている程度ていどじゃ あいせるものさんで それが
バカみたいにえていくようだと ててかなきゃいけないね
だから沢山愛たくさんあいせるようにと 意地汚いじきたないこのぼくは ある
不器用ぶきよう自分じぶんあいするのは めにするとめたんだ

ぼく

神様かみさまからさずかったこの生命いのちははからけた生命いのちぼく
人並ひとなみには使つかえもしないので 今朝けさのゴミにしました

だれにも期待きたいなんてされずに いよいよ開演かいえんせまられて
ついにまくをあけた人生劇場じんせいげきじょう きゃくもいないままに

かなしみのなみにおぼれる

どうもこのこころ重症じゅうしょうらしいが 市販薬しはんやくかねえし それに
ずかしながらこの生活せいかつでは 医者いしゃたよかねもない
だからぽっかりいた傷口きずぐちうのむかしただれて ある
傷口きずぐちかられてたむなしさが ゲロくようにあふれた

教室きょうしつすみ読書どくしょをする りんとした長髪ながかみのあの
ぼくこいしてるとはやてられて いじめにいました

かなしみのなみにおぼれる

始発しはつ小田急おだきゅう毎朝僕まいあさぼく怒鳴どなりつけては
きたぼく一日いちにち今日きょうころしてく

きるために べるために 大事だいじものぎたようで
いつまでってもこのおおきなあなたたえられやしない

かなしみのなみにおぼれる