1. 巡姫舞踊曲歌詞

「巡姫舞踊曲」の歌詞 No.D

2009/8/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
てんかみよりあたえられしは妖姿媚態ようしびたい迦陵頻伽かりょうびんが
未来永劫みらいえいごう 比類ひるいする女等現おんななどあらわないさ

すぐにはだかたわむれたがる牡共おとこども見下みさげながらね
甚振いたぶることでもとめるものはより崇高すうこう快楽かいらくだけ

まえはどこにさわりたいのさ
くちびる? かみ? それとも××?

気安きやするな! 下劣げれつぶため!
ひざまずくのがお似合にあいよ!

めぐめぐわたしはまさに歌姫うたひめ
魔法まほうかがみうつ
妖艶ようえんなるからだとこの歌声うたごえ
貴方あなたとりこにしてみせましょう

かた身体からだ一番奥いちばんおくにくすぐられたい場所ばしょかか
そこに手伸てのばすその瞬間しゅんかん
本心ほんしんからみがこぼれる

まえはどこにふれられたいの?
くちびる? ほお? それとも××?
よろこびなさい くるしみなさい
しいのはそのひとつだけ!

わりがすぐそこまでせま世界せかい
わたし一番美いちばんうつくしい
わされまよ牝等おんななど
わたしけっしてなりはしない

世界せかいてから人間ひと身体からだなか
りと場所響ばしょひびわた
妖艶ようえんなるからだとこの歌声うたごえ
貴方あなたとりこにしてみせる

めぐめぐわたしがマサニウタヒメ
グラスにのこしたロマンスで
またあらたなおとこ魅落みおとせたなら
貴方あなたとりこにしてみせましょう