「不完全肯定論」の歌詞 NoGoD

2017/4/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
りないことおそれて
出来できないとなげ
自分じぶん絶望ぜつぼうして
ひとみじる

もがいてもがいてもがいてもがいて
そうやって一人ひとりさけんで
らいでまよってもとつづけるきみ
だれかがている

そう完全かんぜんひとないから
だれ存在そんざい否定ひていできない
絶対ぜったいはこのひとつとしてない
でも完全かんぜんものもとめて
だれかとってくしかないんだから
いまはまだそれでいい

たよことおそれて
はなことおく
まわりを拒絶きょぜつして
そのからじる

やんでやんでやんでやんで
すべ自分じぶん背負せおえばいいと
なやんでまよってきようとする姿すがた
ぼくているから

不完全ふかんぜんことじないで
きみ存在そんざい肯定こうていしよう
問題もんだいだれかにけていいから
もう関係かんけいないプライドなんて
昨日きのう自分じぶんともいていけばいい
いまきて

おもどおりにことほう
すくないのはたりまえ
おもどおりにったとき
まわりにだれたのかをどうかおもして

ぼくらはみんな不完全ふかんぜん
一人ひとりじゃきられなくて
だからいまこの場所ばしょ出会であえてる
この瞬間しゅんかんもこの空間くうかん
すべてを否定ひていさせない
ぼくすべ肯定こうていして
きみすべ肯定こうていするから