「II‐懐疑」の歌詞 NoGoD

2010/8/4 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
たりまえにある環境かんきょう
だれもがいだ感情かんじょう
ぼくれることができない
構造こうぞううごかす原理げんり
信仰しんこうもたら真理しんり
ぼくしんじることなんてできない

推理すいりぎない論証ろんしょう
意味いみたない反証はんしょう
経験けいけんでしかかたれないけど
知覚ちかくできない錯覚さっかく
支配しはいされてる感覚かんかく
たしかなものなどなにもない

れたものすべての
存在そんざいうつろになっていく

いまふたつのうつるのはまぼろし
嗚呼ああ、この場所ばしょにはなにもない
だからつぎ場所ばしょ

もしもぼく完全かんぜんならば
このけた世界せかい何故なぜ?
たすことのできない
感覚かんかく嫌気いやけ
嗚呼ああ、それでもぼく
また此処ここいている
まらない懐疑かいぎ思惟しいとまだ
たたかいながら

えることない関心かんしん
うしなわれていく精神せいしん
その理由りゆうもわからないまま
願望がんぼうばかりの感化かんか
まることない変化へんか
大切たいせつものさえうばわれてく

えたものすべての
存在そんざいうつろになっていく

いまふたつのうつるのはまぼろし
嗚呼ああ、この場所ばしょにはなにもない
何処どこけばいい
またうたがものひとつずつえていく
でもすべうたが
ぼくだけは、ぼくだけは…

せない