「線香花火」の歌詞 Noa

2010/8/18 リリース
作詞
Noa
作曲
HIRO from LGYankees
文字サイズ
よみがな
hidden
かりがともした 夕暮ゆうぐどき ヒグラシのこえ
ふかあおまった 夏空なつぞらはただしずかに
にぎやかしぼくたちを つめるように 見守みまもるように
きみのようにそこにいてくれた

はしゃいでわらきみがホラ ぼくはし
いきらしたきみかえるその笑顔えがお このむねをさらってく

線香花火せんこうはなびいてはじけて
けむりのにおいがみるよる
来年らいねんのこの ぼくきみはここにいるのかな?
かぜいて はなびらってく

今年ことしなつもホントはやかったね」残念ざんねんそうに
あまった手持ても花火はなび つめながらきみ
いとしすぎてせつない この気持きもちをわけもなく
夏色なついろ日々ひびぎて

わすれられないおもぼく部屋へやへとのこされて
しぼんだ水風船みずふうせん ひとりぼっちの金魚きんぎょ
浴衣ゆかたきみ写真しゃしん

線香花火せんこうはなびがはじけてちて
ねがごとかけるヒマさえなくて
それでもまた来年らいねん きみとここでえるかな?
その笑顔えがおを もう一度見いちどみれるかな?

うなだれたヒマワリのはな きみとなりないとき
ぼくにウリふたつで…

子供こどものようにはしゃいだあの
子供こどものように無垢むく横顔よこがお
きみひとみなかいた線香花火せんこうはなび
綺麗きれいすぎていた

線香花火せんこうはなびいてはじけて
けむりのにおいがみるよる
来年らいねんのこの ぼくきみはここにいるのかな?
かぜいて はなびらってく
むねいたきみ線香花火せんこうはなび