「フェルメールの手紙」の歌詞 (「フェルメールからのラブレター展」イメージソング) Not yet

2011/7/6 リリース
作詞
秋元康
作曲
野中“まさ”雄一
文字サイズ
よみがな
hidden
テーブルのうえ 無花果いちじく
らぬれている
あまかおりにさそわれても
なぜかせなくて…

あなたのことを
ただあいしただけで
だれかを不幸ふこうにするなら
すぐにらして
まどひかり
すくいをもとめたでしょう
あいゆるして…

フェルメールの手紙てがみ
なにかれていたのか
なんとなくわかるの
いまわたしには…
たった一度いちどの それがあやまちとしても
偶然ぐうぜん出会であいに後悔こうかいはない
My destiny

ゆびれたらえてしまう
大切たいせつなものがある
それならいっそ 瞳閉ひとみとじて
もうなにたくない

あなたのことを
あいする資格しかくなど
わたしにはないとってる
部屋へやくらくなって
すべてのものを
平等びょうどう目隠めかくしする
あいいたみに…

フェルメールの手紙てがみ
いま返事へんじけずに
しろ便箋びんせん
このむねおも
らないひと裏切うらぎるわけにいかない
きずつけるわりに
おもにして
Your destiny

はなかない
そんな果実かじつもある
こっそり ひらいているのに…
よるるそのたび
きっとおも
まぶしい陽射ひざしのように
あい記憶きおく

フェルメールの手紙てがみ
なにかれていたのか
なんとなくわかるの
いまわたしには…
たった一度いちどの それがあやまちとしても
偶然ぐうぜん出会であいに後悔こうかいはない
My destiny