1. 希望の花歌詞

「希望の花」の歌詞 Not yet

2012/5/30 リリース
作詞
秋元康
作曲
小内喜文
文字サイズ
よみがな
hidden
ほら
希望きぼうはな
こころ片隅かたすみに…
無理むりだとおもって
ほったらかしていたのにね

ゆめのタネをめても
全部ぜんぶ なんかないよ
みんな 一生懸命いっしょうけんめい
地味じみ努力どりょくしていても…

だから あきらめたくなる
いっそ そのほうらくだし…
げるわけばかり
ずっと かんがえてた

きていても
いいことなくて
ねるしかなかった
今日きょうまで…

でも
希望きぼうはな
あるとき 突然とつぜんに…
苛立いらだらした
つち隙間すきま
ちゃんと…
希望きぼうはな
こころ片隅かたすみ
無理むりだとおもって
ほったらかしていたのにね

まわりのはたけくらべて
つち陽射ひざしのせいにして
ない自分じぶん
ホント きらいだった

きることは
なないこと
いつかがるまで
きてこう

そう
おもいははなになる
時間じかんはかかっても…
何度目なんどめ季節きせつ
かぜかれて…
ついに
おもいははなになる
陽射ひざしのそのきは
平等びょうどうではないけど
生命せいめいたくましい

でも
希望きぼうはな
あるとき 突然とつぜんに…
苛立いらだらした
つち隙間すきま
ちゃんと…
希望きぼうはな
こころ片隅かたすみ
無理むりだとおもって
ほったらかしていたのにね