「朱い群青」の歌詞 Nothing's Carved In Stone

2013/6/26 リリース
作詞
Nothing's Carved In Stone
作曲
Nothing's Carved In Stone
文字サイズ
よみがな
hidden
夕顔咲ゆうがおさ
きみあるとお
どこかにえゆく退路たいろいんだ
もう正論せいろん理由りゆうしぼんでいる
足早あしばやにがしたくない日々ひびでは
僕等ぼくらきっとさかさまで
あなぐらでわかれて とびしていく

もう夏至げし
僕等ぼくら解夏げげまえ
きみうえまばゆい火花飛ひばなとばして
そう聖者せいじゃ自由じゆうねがうように
あなたへのおもいは平凡へいぼん
わってしまうことこわくて
ただわかさをしぼってんでる

いつわれない
きみ未来みらい
まよいはらす
かさなって
おおかくしてる
幾千いくせんねがいを

はじまりをむかえるいつものよう
ねがいはおもいもしない夜呼よるよんで
すりらすまぶたきざみつける
あまえたい気持きもちはいつものよう
いまなおせないんじゃ
ただハイウェイにころがっていく

いつわれない
きみ未来みらい
まよいはらす
かさなって
おおかくしてる
幾千いくせんねがいを

うサイン
岸辺きしべ沿って
群青ぐんじょうまる
海岸線かいがんせん
はししたうれいを
いだきながら

とどめられないでいた
ちるナイト
なくしていたようなんだ
さからってまもりたくて
なにてられそうにないんだ
よる冷気れいきかかんでけばいいさ

いつわれないきみ未来みらい
まよいはらす
かさなっておおかくしてる幾千いくせんねがいを

うサイン
岸辺きしべ沿って群青ぐんじょうあか
空虚くうきょ希望きぼう
あばして
あばきながら