「さいごのたまや」の歌詞 ONE☆DRAFT

2008/3/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ガラもののシャツにハーフパンツ腰履こしばいて くつはビーチサンダル
よるきみとランデブー かるくにじむあせもラメのようにキラキラとあめもようの
浴衣ゆかたよう似合にあ二人寄ふたりよ今年最後ことしさいご花火はなび見上みあげる星空ほしぞら
今欲いまほしいのは欲張よくばりなオレやけど なぜかかぶのは かぜはこきみかおりを大切たいせつに…
いつまでもつづくなんて たりまえようかんがえてた オレマジでごめんやね、
これからもなつになればまたこの場所ばしょ今夜こんやわらないように… たまや~

がる この夏最後なつさいご一番いちばんドでかい花火はなびえるまえ
きみにキスを きみにキスを いまさられくさいけど じて
臆病おくびょうなオレはしあわせすぎて 一瞬切いっしゅんせつなくなって
きみにキスを オレのスキを 一番いちばんでかいおとせてとどけたい…

花火上はなびあがるたびに 反射はんしゃするきみ横顔よこがおとれてしまって かきごおりけて
time'sタイムズ upアップ らせる気温きおん上昇じょうしょうするひとごみのなかで オレはめたことがあるんだ
これからさきともにする時々ときどき ケンカもするやろう つよがりなオレやけど
今日きょうからはける言葉ことばとか 永遠とわちかうためにあいうたおう
どこまでもつづくなんて たりまえのようにかんがえてた オレマジでゴメンやね
いつもきみなやませて鹿なオレやけど だれにもけないおもめて たまや~

がる この夏最後なつさいご一番いちばんドでかい花火はなびえるまえ
きみにキスを きみにキスを いまさられくさいけど ひとみじて
臆病おくびょうなオレはしあわせすぎて 一瞬切いっしゅんせつなくなって
きみにキスを オレのスキを 一番いちばんでかいおとせてとどけたい…

裸足はだしけたあの海岸線かいがんせん しず見送みおくりした階段かいだん
ひるのかんかんりで日焼ひやけしたはだ キスをしてはじまった今年ことしsummerサマー
よるそべった二人ふたり浜辺はまべ ときわす二人夢ふたりゆめなか かがや夜空よぞらやけど
今君いまきみこしたら オレのゆめまでめそうで…
Heyヘイ おぼえとるや? Doドゥ youユー rememberリメンバー thatザット? つぎ朝陽あさひのぼはじめたころ ってきたあめ
めた れたかみ毛乾かわくまで 鳥肌立とりはだたほど えたコンビニで
みしながら 『これとかよう 似合にあうっちゃない?』
『いやいや これはないやろ』ってわないセンス あめがやんだことすら
気付きづかんくらい くだらないことがった二人ふたりだけのtimeタイム

がる このなつ 最後さいご一番いちばんドでかい花火はなびえるまえ
きみにキスを きみにキスを いまさられくさいけど ひとみじて
臆病おくびょうなオレはしあわせすぎて 一瞬切いっしゅんせつなくなって
きみにキスを オレのスキを 一番いちばんでかいおとせて…
とどけたい このなつ 最後さいごのたまや一番いちばんでかい気持きもちをめて
きみにキスを きみにキスを きみにキスを…
きみ臆病おくびょうなオレだけど いつか この花火はなびよりでっかくなって
オレのスキを オレのスキを いつまでもわらないきみまもりたい… 来年らいねんなつもこの場所ばしょで…