「一色」の歌詞 ONE☆DRAFT

2014/10/22 リリース
作詞
LANCE/MAKKI/塩川満己
作曲
LANCE/塩川満己
文字サイズ
よみがな
hidden
今日きょうまでの季節きせつがひとつだけだったかのよう
あたたかさもあつさもすずしさもさむさも今初いまはじめて四季感しきかんじて

はる門出かどで なつ浜辺はまべ あきかえで 年明としあけて初日しょにち
ひとりでつめてるうちにこのゆびやこのむね

千切ちぎれそうにこおいてこんなにつめたくて
さびしい季節きせつはじめてふゆにおいがするがした

どこまでもひろがるこのそらあおぐように
こころひろおおきくてたらいいのにな 途切とぎれないにじわたして

いつのでもどんなとき
やさしくおだやかな両手りょうてつつんできしめたいのに
素直すなおれやしない

地球ほしおおひろうみ空色そらいろけあい
んだこころうつしたなみあおふかさをった

なにもかもが四季しきとともに
あざやかな時間ときぎてゆく
ずっとはなやかな時代感じだいかんじていろどりをしながら

いつのにかいていた派手はでゆめのように
未来みらいえない
おもいまなによりもこいしくて

千切ちぎれそうにこおいてこんなにつめたくて
さびしい季節きせつはじめてふゆにおいがするがした

ふゆにおいがするがした…