「桜咲く頃 feat. JUJU」の歌詞 ONE☆DRAFT

2007/3/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
目覚めざめたあさ ゆめきみになって なにかがちが心躍こころおどLa La La
いつのにか なんだかきになってるよ 他愛たあいのないことで微笑ほほえ
その笑顔えがおとれてるぼくは いつも さきえない毎日まいにち不安ふあんになって
何度なんどまって…
夕暮ゆうぐれのころ 今日きょうすこ遠回とおまわりしてかえろうかな Don'tドント Wannaワナ Lookルック Backバック Againアゲイン
たよりのない台詞せりふをまたあてにして ってはくれない時間じかんながれにただまかせて
さびしげなまちはオレンジにまりゆくなかぼくむかえて

やさしさにつつまれた日々ひびだった度重たびかさなるなみだ
いまさらおもして そこにづくほどにしていくんだ
もう二度にどと…なんてわないで
それぞれのみちきみ日々ひびこのこえひびわたるように…

あらそうことはいけないことだってかされて怒鳴どなしかられて
いつも一緒いっしょあやまって頭下あたまさげてくれた先生せんせいだって
かえ道一緒みちいっしょになってアイツの悪口わるぐちいまくってたような
たよもしいのか ただたのしいのか なにただしいかだれらないのさ
じめっとした雨降あめふりの まど外眺そとながめる らしくない友達ともだち
この季節きせつさむくなって三月さんがつになって卒業そつぎょう二文字にもじ
なぁ、俺等おれらよく喧嘩けんかもしたな わすれられない日々ひびよみがえりだして
気分きぶんちるときもあったけど いまさら一人ひとりじゃないとおもえた…

やさしさにつつまれた日々ひびだった度重たびかさなるなみだ
いまさらおもして そこにづくほどにしていくんだ
もう二度にどと…なんてわないで
それぞれのみちきみ日々ひびこのこえひびわたるように…

まっさらな制服せいふく手通てとおしたのが いつのにかこんなちいさくなったのか
なんておもいながら 近所きんじょのおっさんに「でかくなったなぁ!」なんてわれながら
胸張むねはってあるみちのり それもこれで最後さいご登下校とうげこう 桜咲さくらさころ
あたたかくなる季節きせつつぎみちかうよ
なにおものこことはないってえば うそかもしれないけど えないほど
この気持きもちはなんだろう… なんでせつないんだろう…
かえった駄菓子屋だがしやさびしげにつめながら ういむいたまま
昨日きのうことのようにおもかぶよ やっぱいつもたからかな
「よう!なにしてんだよ?!」って
かたたたかれたときにハッとづく何気なにげない友達ともだち大切たいせつさに
今日きょうはげまされてとも旅立たびだちのむかえたんだなって まえいてあるす…

やさしさにつつまれた日々ひびだった度重たびかさなるなみだ
いまさらおもして そこにづくほどにしていくんだ
もう二度にどと…なんてわないで
それぞれのみちきみ日々ひびこのこえひびわたるように…