1. 冗談歌詞

「冗談」の歌詞 ORIGINAL LOVE

2002/3/20 リリース
作詞
田島貴男
作曲
田島貴男
文字サイズ
よみがな
hidden
薄明うすあかるいそら タクシーをひろう246で
ったきゃくがつけたドライバーのかおのアザ
れたガラスぬぐって まがったビルを
そらさびしいまちのエンジンがえてる

あたらしく出会であったあなたをおもって
かえいえのないまちのなかねむそうにはしした夜明よあ
最新さいしんニュースが無力むりょくなぼくにきつける
無数むすういかけからげていられない生活せいかつ

ぼくをおおくしたわる冗談じょうだん孤独こどくあらそ毎日まいにち
わる時代じだいきしむまちになおつよく あなたをいかけている

つき偉大いだい一歩いっぽしるしてわらっていた
アポロの時代じだいえがいたふるい未来みらいわり
いてばかりの世界せかい かみためまち
犠牲ぎせいあふれかえり さしのべられた

ぼくをおおくしたわる冗談じょうだん孤独こどくあらそ毎日まいにち
わる時代じだいきしむまちになおつよく あなたをいかけている
いつまでもしずまらないかぜむねに まだたびつづけてる
もういちど ぜんあくあいねたみのぼくにチャンスをください

やみやみはらうことはできない
それができるのはひかりのみ」
こころにともしドライバーにおかねはら
タクシーをりて 冗談じょうだん渦巻うずままちまぎれこむ