「青空のむこうから」の歌詞 ORIGINAL LOVE

2013/4/24 リリース
作詞
田島貴男
作曲
田島貴男
文字サイズ
よみがな
hidden
ほしのないよるふるいゆめが
まちのたかいそらいていそうで

むかしのすがたのままでアイツが
たずねてきそうながするよ

夕暮ゆうぐれのバスは ぼくだけの物語ものがたり
りにしたままではし

まぶしい若葉わかばは6がつあめ
水鳥みずどりはばたいて 水面みなも

あめがとぎれた青空あおぞらのむこうがわ
むねのどこかの かすかなおもいが
くものとぎれた青空あおぞらのむこうから
ひかりふくんだかぜになってぼくの場所ばしょいてくる

あめつよよる かぜがないあさ
まだすこしだけやれそうにおも

ぬれたシャツはむねいてあたため
ゆめだけはやさないようにするよ

朝焼あさやけのバスは あたらしい物語ものがたり
のせて きみのまちはし

あめがとぎれた青空あおぞらのむこうがわ
むねのどこかの かすかなおもいが
くものとぎれた青空あおぞらのむこうから
ひかりふくんだかぜになってぼくの場所ばしょいてくる

いつだってあいしていよう いつまでもきしめていよう
手放てばなさないでいよう いつまでもおぼえていよう
よるをのせて ぼくとおどろうよ まちあかりして

まぶしい若葉わかば木枯こがらしに
水鳥みずどり 水面みなもかすめ どこかへえる

あめがとぎれた青空あおぞらのむこうがわ
なみだむねのあたりにたまって
くものとぎれた青空あおぞらのむこうから
季節きせつはずれのかぜになってぼくの場所ばしょ

ほしのないよる
そらのたかいよる