「十字架の上(Power Of Love)」の歌詞 OZROSAURUS

2007/8/15 リリース
作詞
MOORE RENE,WINBUSH ANGELA LISA
作曲
MOORE RENE,WINBUSH ANGELA LISA
文字サイズ
よみがな
hidden
おれなにかが不安ふあん いたらわらあいだのじゃなく 狂気きょうきおが
ひがしそらに またのぼる ふとしたときに また君想きみおも
るようなLOVE さけ屁理屈へりくつじゃなく いくつもまな
ちっちゃくなったおれこころは でっかくなった図体ずうたいとはぎゃく
みじかくなったな 短気たんきうちかんじられる時間じかんも また西にししず
まわされたのうみそだから いまこそきみ本音ほんねえる
ぽっかりいた記憶きおくなかおれはその瞬間しゅんかんけて さけ
きっといいことがあるはずだ ゆめみてぇなお伽話とぎばなしはしねぇ

オレ もうひとりのオレ もうひとりのオレ もうひとりのおれ
こうぜ とおいのがゆめ ただうだけ だれのでもねぇ
オレ もうひとりのオレ もうひとりのオレ もうひとりのおれ
こうぜ こんなならおれが背負せおいま 十字架じゅうじかうえ

ここが武道館ぶどうかんなんかじゃなくたって 横浜よこはまのアリーナじゃなくたって
どんなにちっぽけなクラブだって おれにとっちゃでっけぇゆめだって
ここがテレビやラジオじゃなくたって ネットやら雑誌ざっしでもなくたって
つたわんならなんでもいいんだって おれにとっちゃおまえらもゆめだって

しあわせの前借まえがりなんてしたってそりゃダメだって おつりがってる
でも退屈たいくつなんてしてるヒマねぇ たいしてふか意味いみもねぇけどね
もしそれがおれよわさだとしたら ひとうらまずてめぇをうらんでいたい
ちっちゃな勇気ゆうき ひとつしかてない 自由じゆうべない はねすらもない
ひかりねがかみ おれなか 夢追ゆめおいかける たび とおいさなか
イカレちまいそう めまいがするよ 今震いまふるえてる 言葉ことばにする今日きょう
あいつのねがい おまえのおもおれおこないましかえない
いたみもつのり いかりはつらい IMAGINE気取きどりのひとりのつもり

オレ もうひとりのオレ もうひとりのオレ もうひとりのおれ
両手りょうて ふたつでもんねぇ もっとでけぇ ずっとたけ
オレ もうひとりのオレ もうひとりのオレ もうひとりのおれ
どうせ こんなならおれが背負せおいま 十字架じゅうじかうえ

神様かみさま悪口わるぐちわねぇ ただ自分じぶんにくたらしい エーイ
だれかにもとめるものなどすくねぇ ただおれみち エーイ

神様かみさま もう陰口かげぐちたたかねぇ ただおれ居場所いばしょしい エーイ
だれかにのぞむものなどいまはねぇ 言葉ことばだけどたましい エーイ

この両手合りょうてあわしてもなにえない もう一度賭いちどかけたい えないちから
みぎひだり時代じだい時代じだい もしかみてんなら悪魔あくまはどこ?
ってんだぜ全部ぜんぶ おれのここ だれかがかくしたならさがす とことん
けだものみたく素直すなお無謀むぼう どこにもかねぇぜ おれはここここ
ふるえる鼓動こどう それでもおとこ 世界せかいなか そう おれたちのこと
地獄じごくなんてねぇ 天国てんごくすらねぇ ジョンレノンみたくたれぬかもね
タッチするぜ 宇宙うちゅうてのかべ いまだけ まえにもあとにもねぇ
調子ちょうしはどうよ もうひとりのおれ はなしつづく まぁきみさちあれ

オレ もうひとりのオレ もうひとりのオレ もうひとりのおれ
こうぜ とおいのがゆめ ただうだけ だれのでもねぇ
オレ もうひとりのオレ もうひとりのオレ もうひとりのおれ
こうぜ こんなならおれが背負せおいま 十字架じゅうじかうえ

くるしいんならこえあげろー
くやしいんならテメーでえてみろー
あのおかうえわらってる またおう
そんときそられだといいなー

かなしいんだったらなみだれようー
まぶしいんだよオメーのその笑顔えがお
おれは相変あいかわらずこのままでこうー
そんときそらあおだといいなー