「始発が導く幸福論」の歌詞 Official髭男dism

2015/4/22 リリース
作詞
藤原聡
作曲
藤原聡
文字サイズ
よみがな
hidden
夜明よあなみつめたいかぜわたった
腰掛こしかけたベンチかすめるがたのプラットフォーム
ながいことここにいたようにもとれるかげ
じつ風前ふうぜん灯火ともしび二人ふたりっていた

数分すうふんもすればくらがりからてくるあいつはなまりかたまり
するどいスピードでやって

そうやって始発しはつきみをさらってく 何気なにげなくかたちから
まあいっか…またいつか… 人前ひとまえではそうれるのに
しあわせっておもいがあるから こころはそれにいしれていたから
素直すなおじゃないぼくをなんとかまるんだ

季節きせつめぐって 薄着うすぎ出歩であるくころ
おなじようにしておとずれるがたのプラットフォーム
またあいつが仰々ぎょうぎょうしいおとててやってきた
きみれた素振そぶりで軽々かるがるこしをあげたんだ

かえしていれば 徐々じょじょぼくもすらりえるはずだったんだ
「またね」さえぎるようにしてまるドア

またもや始発しはつきみをさらってく かないってめてたはずなのに
見送みおくった った なんとなさけないかおせた
しあわせっておもなんかより きみをあと一度いちどだけぎゅっとしときゃかったな
かえればトンネルにえていった

アーティスティックにられたおもいま気休きやす以下いかになっていた
あきらわるかったぼくもついに愛想あいそかし
一足ひとあしおくれの後悔こうかいだけがそっとった

いつもそうなんだりないんだ いなくなってからいかけるんだ
ぎゅっとしたかった相手あいて始発しはつれてった
そんなもんなんだ このなみだしあわせってあかしおもえばまだ
あたまわるぼくでさえ とりあえずくかな?
そうおも努力どりょくをしてるんだけど まだまだだめなんだ まだまだだめなんだ