「もしも 夏」の歌詞 PANG

2008/7/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
もしも明日あしたえらべるのならば
どうしようもない位好くらいすきになった
きみのもとへ まよわないで
はしってきたい…

人影消ひとかげきえたよる海辺うみべあるきながら
ここにはいないきみ姿すがたをずっとさがしていた

星畑ほしばたけいた満開まんかい花火はなび
1人ひとりではさみぎるだけさ

もしも明日あしたえらべるのならば
どうしようもない位好くらいすきになった
きみのもとへ まよわないで
はしってきたい
もうすこ勇気ゆうきがあればとねがった
あのから天使てんし何度微笑なんどほほえんだろう
そらいた名前なまえ
たすけてくれるよ きっと

浴衣ゆかたつつんだ恋人達こいびとたちなみ
とおぎたあとから(せる)せつなさ むねける

いたい」と素直すなおえばきみなんこたえたんだろう?
それをるのがこわくて

もしも明日あしたえらべるのならば
どうしようもない位好くらいすきになった
きみのもとへ まよわないで
はしってきたい
もうすこ勇気ゆうきがあればとねがった
あのから天使てんし何度微笑なんどほほえんだろう
そらいた名前なまえ
たすけてくれるよ きっと

いつでも きみと ずっと いられるよう…