「夏のおわり」の歌詞 PANG

2008/7/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
はだになじむしろいシャツ
夕日色ゆうひいろめられて
ひとめのOcean view
潮騒しおさいだけがこえてるなつのおわり

せてはかえなみせた
いくつものおも見送みおくりながら
人肌ひとはだのコーヒーした
いつもよりにがあじ また季節きせつぎて
おだやかにながれてく

すなうえ足跡あしあと
かえるとえていた
夕凪ゆうなぎにそっとわか
あき夜風よかぜっているなつのおわり

せてはかえなみせた
大切たいせつおも何処どこくのか
西にしそらにはれをなしたウミネコがんでいた
およぐように おもいのままに
ごえひびいてた

しずかに、しずかにわる 何処どこかに、何処どこかにえる
優雅ゆうがに、優雅ゆうがおよみじかなつわってく

しずかに、しずかにぎる 何処どこかに、何処どこかに
優雅ゆうがに、優雅ゆうがおよみじかなつわってく

しずかに、しずかにわる 何処どこかに、何処どこかにえる
優雅ゆうがに、優雅ゆうがおよ