1. 夕焼けの唄歌詞

「夕焼けの唄」の歌詞 PAPAS & NACHOS

2008/2/27 リリース
作詞
PAPAS源太
作曲
PAPAS源太
文字サイズ
よみがな
hidden
どんなにとおくのそら見上みあげてきみおもっても
つけられないあいくもかくれしてる
はるかにこえるかぜのささやきかんうたっても
とどけられないあいがきっとあるとおも

ふたつのかげびる夕焼ゆうやけの散歩道さんぽみち
さわやかなかぜける

ああ、これからのまだなが人生じんせい
きみあるいてけたらなんて素敵すてきなんだろう
ああ、ぼくだけをしんじてみてしい
きみつよきしめて
夕焼ゆうやけのそらした

どんなにきみかなしくてなみだこらえているときも
いつわりのないあいつつんであげたい
どんなにきみさびしくてひとりぼっちでいるときも
ぼくそばにいるから いつもちかくにいるよ

ひとつのあいかたち 夕焼ゆうやけを見上みあげていた
ぼくたちの未来みらいえてくる

ああ、このそらてにとどけたい
きみぼくとのちかいを 二人ふたりゆめひとつに
ああ、いつまでもつめていたいんだ
きみつよきしめて
夕焼ゆうやけのうたうた

ああ、これからのまだなが人生じんせい
きみあるいてけたらなんて素敵すてきなんだろう
ああ、ぼくだけをしんじてみてしい
きみつよきしめて
夕焼ゆうやけのそらした