「歩」の歌詞 PENGIN

2009/10/7 リリース
作詞
PENGIN
作曲
PENGIN,小高光太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
面倒めんどうぼくらの プライドが邪魔じゃまをしている
適当てきとう時間じかんを どれだけ無駄むだ消耗しょうもうしてるの?
イタイのんでこわれたままで
なみだ燃料ねんりょうえて 今走いまはし

一歩進いっぽすすんで また がって 全力ぜんりょく ぶちアタッて
わらっていられることぼくらにとって 目指めざすべきはずの一番いちばんだろ
一丸いちがんとなり 快感出かいかんだ海岸かいがんげたこえさわ
陸海空りくかいくう うなりだせ きみいに

ともあゆつづけてみちのりは足跡あしあととなり
さきえずとも たしかでずっと てなくて

えないだれにも 自分じぶんさえもわからないままで
真実しんじつかすむなら せつけて きてゆく

あめれたぼく かさらない
派手はでころんで けてもかまわない
いたみさえもよろこんでけていたい
なんとなく」をえたいから
このいまえたいなら
こたえの明日あすさがしにこう
たよりない自分じぶんに サヨナラしたら
明日あすちかくなるかも

一人ひとり あゆすすんでたハズのいま きみ気付きづかないフリしてた
ぼくはどうしようもなくずっと ゆめかくれて…

暗闇くらやみぼくあまさそいを
あお世界せかい目隠めかくしするけど
げる場所ばしょのこされていないから
れたはねひろげてく

光射ひかりさして わすれかけてた景色けしきうつしずくなか
れるきみは そんなぼくらにそっとわらいかける

ともあゆつづけてみちのりは足跡あしあととなり
さきえずとも たしかでずっと てなくて