1. 雪待ち、クリスマス歌詞

「雪待ち、クリスマス」の歌詞 PENGIN

2009/10/7 リリース
作詞
XICO,346
作曲
PENGIN,小高光太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
「いつもあなたは仕事しごとばかりで、わたし一人ひとりにさせる。」
ぼくきみかえせる言葉ことばは 「ごめん明日あしたにはかえる。」
今日きょう一人ひとりよるごすぼくら 「約束やくそくはもうしない」ってきみはまた
なみだながして ぼくこまらせる。

去年きょねんおなじクリスマスになるのだけはいや
どうしても今年ことしきみ二人ふたりでいたいんだ
どうか神様かみさま、 いやサンタ
ぼくらのもとにしあわせの時間じかんはこんで…
奇跡きせきこして

しろゆきればいいのにな
はなれた心取こころともどせるはずだから
そばにおいでって上手うまえるのにな
今夜こんやぼくは、ゆきってる…

クリスマスはなんなの? 何故なぜこころおどるよ
まちすこしだけさわぎだすけど ただきみたい

さむさに恋人達こいびとたちは イルミネーションのおくへとえてゆく
一人ひとりきりのさみしさをうたがって しろいマフラー似合にあきみ夜空よぞらかべていた
シャララ シャララ きみせたいんだ
シャララ シャララ そのソリでれてってくれないか?
ゆきらない故郷こきょうゆきつように
いたい ただそれだけをおもい…

しろゆきればいいのにな
はなれた心取こころともどせるはずだから
そばにおいでって上手うまえるのにな
今夜こんやぼくは、ゆきってる…

いつもぼくらは不安ふあんなか気持きもたしかめあってる
今二人いまふたりそらからプレゼント しろゆきってる
なにもいらない それだけあれば さむよるでも大丈夫だいじょうぶ
一緒いっしょなら こごえそうでも えられないよるはない

しろいきけて かさなり
つめたいそのあたためてあげるから
こえにならなくて きみつめるばかり
おもいがすべつたわって ゆけるように

しろゆきればいいのにな
はなれた心取こころともどせるはずだから
そばにおいでって上手うまえるのにな
今夜こんやぼくは、ゆきってる…

クリスマスを二人ふたりごそう わすれられないにしよう
まちはいつもよりひかりだして 二人ふたりらすよ