「理想の舌」の歌詞 PENICILLIN

2000/2/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
何度なんどふかとげさり
きみいていた
脈打みゃくうきず僕好ぼくごのみの
理想りそうはなびら
あまかおあまあせ
そっとなぞる
きみだけの舌触したざわ
それだけがリアル
本能ほんのう支配しはいする
けものぼくをあげよう

プライド 恋愛れんあい
つかれすぎた ゆがんだ現実げんじつ
演技えんぎをやめて
きしめたら
理想りそう摩擦まさつ
ぼくつつれるモザイク
もっとつよ
からみつく体温たいおん
究極きゅうきょくのリアル
やわらかな裏側うらがわ
ざり遺伝子達いでんしたち
かんじているよ
運命うんめい生命せいめい

隔離かくりされたくら部屋へや
膨強ぼうきょうしたしたした
暴走ぼうそうしたあいため
敏感びんかんにもつれ
きみだけの舌触したざわ
ぼくだけのリアル
本能ほんのうえば
よみがえるけものゆめ
どくあい みつあじ
真実しんじつ覚醒かくせい
肌色はだいろのライオンに
ころされたぼくのモラル
理想りそうぼくをあげよう