1. 羽のない私に手を差し伸べてくれたキミは神のよう歌詞

「羽のない私に手を差し伸べてくれたキミは神のよう」の歌詞 PINC INC

2008/10/29 リリース
作詞
碧井椿
作曲
Yoko Blaqstone
文字サイズ
よみがな
hidden
しんじてしまうことは いつか裏切うらぎられる」
だからはじめから しんじることはしなかったんだ

何度なんどでも 何度なんどだって はなしかけてくれた
うなずくだけでも いつも そばにてくれた

はじめてった
こんなにやさしいひとがいる なんてことを
いまわたしにはまだまだ
ひとやさしく”なんて出来できない

はねのないわたしべてくれたキミはかみのよう
あるくことすらままならなかった
わたしみちびしてくれた

一人ひとりぼっちでいた それでもいいやと
だから自分じぶんから ガンバルことはしなかったんだ

キミに出会であってからは すこわってきた
一人ひとりじゃないんだ キミのためきたいよ

はじめてった
自分じぶんためささえてくれるひとがいると
いまわたしにはまだまだ
“キミのために…”なんて出来できないよ

はねのないわたしべてくれたキミはかみのよう
わたしなんて…”を “わたしだから”だと
おしえて はげましつつんでくれた

ふる時代じだい
わたしはそんな 立派りっぱじゃないし おんなじゃない
だけど キミといると あたらしい発見なにかが いつもある

はねのないわたしべてくれたキミはかみのよう
あるくことすらままならなかった
わたしみちびしてくれた