「大都会交響楽」の歌詞 PIZZICATO FIVE

1997/11/1 リリース
作詞
小西康陽
作曲
小西康陽
文字サイズ
よみがな
hidden
恋人こいびとたちいつでも
時間じかんりなくて
いたいのにいつでも
すれちがうばかりで
ほんのすこしどこかで
やっと えるときでも
けたい言葉ことば
うまくえなくて
電話でんわこえいつでも
途切とぎれがちになる
えそうな言葉ことば
じっとみみませて
他愛たあいのないあなたの
言葉ことばうれしくて
それは 恋人こいびとたちのための
シンフォニー
はし人々ひとびと
時間じかんしてゆく
Uh どこかでこえる
わすれていた音楽おんがく
みみませるふたり
あいしあうふたりの
ささやく言葉ことば
まちのどこかだれかが
くちづさむうたとか
そんなすべてひとつに
かさなりまれる
これは 恋人こいびとたちのための
シンフォニー

はし人々ひとびと
時間じかんしてゆく
Uh メトロの喧噪ざわめき
わすれていた音楽おんがく
みみませるふたり
あいしあうふたりの
ささやく言葉ことば
まちのどこかだれかが
くちづさむうたとか
そんなすべてひとつに
かさなりまれる
これは 恋人こいびとたちのための
シンフォニー
そして きょうもだれかが
出逢であって わかれる
もしも いつかあなたと
もう一度逢いちどあえたら
きっと うまくあなたに
けて うはず
こえる?
恋人こいびとたちのための
シンフォニー
こえる?
恋人こいびとたちのための
シンフォニー