「クリスマスが過ぎても」の歌詞 PLUS ONE

1996/12/4 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なにげない たそがれが
せつないのは
きみのせい きみの その
笑顔えがおのせい
ためらえば れかに
さらわれそうで
不器用ぶきよう言葉ことば
さがしている
がつけば こんなに
きみは そばにいて
ゆびれたとき
こいにおちてた
きだなんて えない
つぎの言葉ことば
つからないから
またえると って
いたいとって
Oh! そのあまこえ
不安ふあんにさせる
ちてくるゆき
二人ふたりだけ
もう れも
このこい とめられない
もう れも
きみのかわりに なれない
Oh…

ねぇ きみ さっきから
なにしゃべらないのは
おなじことをかんがえてるから
きだなんて えない
つぎの言葉ことば
つからないから
またえると って
いたいとって
Oh! にぎりかえ
そのにときめいて
つめえば
そこはゆめなか
あいくちにすれば
このこい げてゆきそう
二人ふたりの このよる
ゆきつづいて
きだなんて えない
つぎの言葉ことば
つからないから
またえると って
いたいとって
もう れも
このこい とめられない
もう れも
きみのかわりに なれない
もう れも もう れも
もう れも もう れも