「神経がワレル暑い夜」の歌詞 Pierrot

2001/12/19 リリース
作詞
キリト
作曲
キリト
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいごきみ
きつけられるのは
きっとみにくぼく本性スガオ
無駄むだ感情かんじょう
ててしまえばいいよ
記憶きおく器用きよう
綺麗きれいきかえて
やさしいうた
きたがっていたね
なにかに
おびえているかのように
無情むじょうきざ時間ときぼく
どこまでもくるわせていく
いつのまにかきみさえ
こわしていくかもしれない
なぜかないでいるの
こんなひどよる
れないほど
きみきずついていたはずで
なぜだまっているの
こんなあつよる
こえてきそうだよ
神経しんけいのワレルおと

やさしいうた
きたがっていたね
なにかを
さとっているかのように
かたちえるつきぼく
どこまでもくるわせていく
いつのまにかきみさえ
こわしていくかもしれない
なぜかないでいるの
こんなひどよる
れないほど
きみきずついていたはずで
なぜだまっているの
こんなあつよる
こえてきそうだよ
神経しんけいのワレルおと
なぜうつむいているの
ひざかかえて
くちびる
きみつづけるの
なぜかないでいるの
こんなひどよる
ゆがんだぼく
きみづいていたはずで
なぜだまっているの
こんなあつよる
こえてきそうだよ
神経しんけいのワレていくおと