1. 梟歌詞

「梟」の歌詞 Plastic Tree

2009/6/10 リリース
作詞
有村竜太朗
作曲
有村竜太朗,長谷川正
文字サイズ
よみがな
hidden
これは多分たぶん恋愛療法れんあいりょうほう
副作用ふくさようはいまだけず、
うたにしてみたら5分ごふんくらいの麻酔ますいがかかった。
きみとじゃないきちづけをした。横目よこめていたちいさなつき
いちばんとおいもの、ただおもう。

恋煩こいわずらい。むねのこったきみこえわすものです。
ねむれないぼくよるはどこつながるんだろ?
ほしのない夜空よぞらへメール、エレクトリックな魔法送まほうおくって、

青醒あおざめてかげ色違いろちがいは圏外けんがい出会であえるのなら、まほろば―――――。

ざわめくむねばたいた。ひかりわすれながら。
暗闇くらやみきみれそうな夢見ゆめみせてよ、ふくろう
いてる片目閉かためとざした。
記憶きおく舞台裏ぶたいうらでこぼれた涙支払なみだしはらって未来みらいのぞいたら、
こいしくて、いとしくて、せつなくて、くるしくて、かなしくって、
えなくてまばたきをした瞬間しゅんかん、いま刹那せつなスローモーション―――――。

いたくて、えなくて、いかけてれてみたそのはなは、
ずぶれて、まぼろし

恋焦こいこがれ、不意ふいわらった。
ひとりよがり。こわれたふね
しずんだら、ぼくよるとおんなじ温度おんどになった。
訂正ていせい文字もじだらけで言葉ことばのロジックはけないままだ。

さかしまなおもい。うずまく心模様こころもようめぐえれば微睡まどろみ―――――。

きしめくむねして、こゝろがこわれるから、
暗闇くらやみきみをつれさった夢映ゆめうつして、ふくろう
いびつにまぶたおろして記憶きおくめたら、
らばる羽根はね残像ざんぞうがいくつもちゅうう。
キスをして、キズつけて、からまって、かさなって、ちていって、
永遠えいえんぎてってその瞬間しゅんかん、いま刹那せつなアイソレーション―――――。
何処どこまでも何処どこへでもきみおもい、らかしたこのはなも、
れて、陽炎かげろう

最終形さいしゅうけい感情論かんじょうろんきみつたえたいことがあります。
ぼくらはみんなだれかよりもちょっとだけしあわせになりたいの。
記憶きおくいきってってなくなってくあい実感じっかんが、
いまや消滅しょうめつしてるあのほしひかりにもよくていて心細こころぼそく、
おくらないメールをいた儀式ぎしき今日きょう最後さいごめにします。
――― で、ぼくきみらなくなる。

「フラ フラ あるいたら ユラ ユラ らめいて
――― キラ キミ きらめいてさ」

ざわめくむねばたいた。ひかりわすれながら。
暗闇くらやみきみれそうな夢見ゆめみせてよ、ふくろう
いてる片目閉かためとざした。
記憶きおく舞台裏ぶたいうららばる羽根はね残像ざんぞうが、いくつもちゅうう。
さざめくむねった。ひかりかくしながら。
何度なんどよる横切よこぎって未来みらいさがしてる。
こいしくて、いとしくて、せつなくて、くるしくて、かなしくって、
えなくてまばたきをした瞬間しゅんかん、いま刹那せつなスローモーション―――――。
いたくて、えなくて、いかけてれていたあのきみが、
ずぶれて、まぼろし