1. 記憶行き歌詞

「記憶行き」の歌詞 Plastic Tree

2009/8/26 リリース
作詞
有村竜太朗
作曲
有村竜太朗
文字サイズ
よみがな
hidden
さよなら。
ぼくことおもせなくてもかないでね。
とぎくにうそだ。ほんとはすこしだけいてほしい。
午前4時ごぜんよじ。まだくらえき
ぼく始発しはつっているところ。
せないメールだらけ。
携帯けいたいひらけば、夢灯ゆめあかり。

ねがいごとひとつだけで、何処どこまでけるのでしょう。
きみまでつづいているレールがやさしくきしんだ。

電車でんしゃは<記憶行きおくゆき>です。
あのとき「またね。」とげたこと

世界せかいまわりだします。
名残なごりつきしらけたかおだ。
とおくへれてけたら、よりかかりわらってられたかな?

硝子ガラスまどうつる、きらめくひかりかわ
<君駅きみえき>とおぎてかってく、最果さいはてのまち

何故なぜかなぁ、おだやかでさ、
理由わけもなくそれがただこわいんだ。

振子時計ふりこどけい。ネジをんでうごかしてみせます。
すべてのえて、いきまるときまでわすれない

ねがいごとひとつだけで、何処どこまでけたのでしょう。
きみだけないようなさわがしいホームにりた。

おくらないメールいた。
携帯けいたいじたら、時明ときあかり。

らないきみにはぼくはどんなふうにうつるだろう―――――。