「不完全ノーマリスト」の歌詞 PolyphonicBranch

2012/11/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
時計とけいはりどろのようなねむ
目覚めざめた瞬間しゅんかん また自己嫌悪じこけんお
いったいいつまでつづくんだろう
傷跡きずあとはまだいたむんだ
ぼくには特別とくべつちからなんてなにもない
うように

どうでもいいフリをして
らしつづけた
こんなんじゃダメだって
耳元みみもとささや
あこがれの勇者様ゆうしゃさま
きっとてにはいれたんだろう
弱虫よわむしでどうしようもないぼくちから

いのりにも悲鳴ひめい
またむなしく空回からまわ
ぼく背中せなかには落伍者らくごしゃ
刻印こくいんきざまれている
きみけられなかった
あのからまった
大好だいすきな感情かんじょう大嫌だいきらいな劣等感れっとうかん

うずくまっていていた子供こども
きっとぼくだった

きみにもらったあい両手りょうてにあふれるくらい
それなのにぼくづかないままで
一人取ひとりとのこされる
悲劇ひげきえんじてた
他人たにんのせいにしてきてきた代償だいしょう

いとからまる えない出口でぐち
かくれたのはだれ?
くらもり彷徨さまよって

かなしいならいたって
れるくらいちかくに
きみがいたことにづけないままで
いつもうしなったあと
もどせないタイミングで
きみのこした
大切たいせつなことにづくんだ

どうでもいいフリをして
らしつづけた
こんなんじゃダメだって
耳元みみもとささや
いまからでもおそくないだろ
太陽たいようはまだしずまない
弱虫よわむしでどうしようもないぼくちから