「グラウンドゼロ」の歌詞 RADWIMPS

2011/3/9 リリース
作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
まるなんて無理むりだよ このほしうえきてるかぎ
だってもうスピードでこのほしぼくからだはこんでるんだよ

まってみたければ 時速じそく1400キロのはやさで
精一杯地球逆廻せいいっぱいちきゅうぎゃくまわりに はしらないとね

頑張がんばんないためにも頑張がばんないと いけないなんてわけがかんない
仕方しかたないから頑張がんばるけど もういい どうにでもなれ

どれだけうしきに あるいてみても未来みらい
かってってしまうんだ 希望きぼうたされてしまうんだ
手渡てわたされたそいつをただ ててみたところでまた
からになったそのつぎ未来渡みらいわたされてしまうんだから

やりこまったその未来みらい 仕方しかたないからっておいたけど
ふとしたときけると 血走ちばしったぼくるんだよ

んだ部屋へやすみっこも くるまった布団ふとんなかでさえも
目一杯めいっぱい ぼくのすぐそばにへばりついてる

「ねぇもういいかい?」「いやまだだよ」「じゃあもういいかい?」「もうしつこいよ」
あきらめることとからないの? もうどういうつもりなの?

どれだけこうべあるいてみても未来みらい
すぐにつかってしまうんだ ぼくれてってしまうんだ
いっそのこと いてやろう なんて息巻いきまいたところでまた
けっしてせやしないんだ よるかぶつきのようなもんなんだ

あとにも さきにも かしてはくれないんだ
ちっちゃなはこまれ はこばれるしかないんだ
あとにも さきにも それ以外いがいはないんだから

金輪際こんりんざい かかわんない」「ついにあきらめた、もう万々歳ばんばんざい
「だけど最後さいごに、おねがいよ 耳澄みみすましてみて」

どこかでこえるこえててしまうような未来みらいなら
どうかぼくゆずってくれよ 大事だいじ使つかってみせるから」

そしてやっと気付きづいたよ そっと つよきしめたよ
まれたとき そうたしかに ぼくったものだから

はるさききみさけぶ 「いまからくからっててよ」
そのなみだ かべたきみぼく未来みらいそのものだったんだ