「セプテンバーさん」の歌詞 RADWIMPS

2006/2/15 リリース
作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
一人ひとりのためにえがいたゆめだれかに使つかいまわした
そんなこともあるさと わらえるぼくもきっとセプテンバー

なつ』ってだけでキラキラしてた あの気持きもちがきなの
「もうすこしだけここにいさせて」そんなかお僕見ぼくみるの

でもきみわらえる理由りゆうなら ぼくつけてきてあげる
こんな二人ふたりつなぐのは きっとなんでもないセプテンバー

本物ほんものよりもリアルにえた あの魔法まほうはもうけた
けどギュっとすればキュンとなるあれは なつのおかげなんかじゃない

湿しめそらかわいろを きっとパパはさがしていたの
そんなとき一人ひとりぽつんとうずくまってたセプテンバー

OHオー セプテンバー OHオー セプテンバー
OHオー セプテンバー OHオー セプテンバー

ゆめかたりつくした希望きぼうぼくひろうよ きみてるの?
さぁいまならば このこえならばとどがしたんだ

なつらかしてったこころぼくつむぐよ さぁいざこう
そういまだから このこえだから ひびくセプテンバー

こえひびきだす そこに意味いみはなくとも
きみわらす そこになつはいなくとも

OHオー セプテンバー OHオー セプテンバー
OHオー セプテンバー OHオー セプテンバー

ぼくわらえる理由りゆうなら いままさにまえにいるよ
こんなぼくらをつなぐのは そうさいつも

あいかたくしたおもいを ぼくうたうよ ひとわらうよ
でもいまならば このこえならばとどがしたんだ

をとればれるこころかかえた不思議ふしぎ それはテレパシー
さぁいまだから このこえだから さぁいまならば このこえならば

こんなぼくだけど そうきみとなら なにもないけれど そういまならば
このこえならば そうきみとなら ひびがしたんだ

あぁ この季節ときかたるもの
あぁ この季節ときつなぐもの