1. リユニオン歌詞

「リユニオン」の歌詞 RADWIMPS

2013/12/11 リリース
作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
友達ともだち意味いみなんか おれらないけど
もしもこれがそうじゃないなら いらないや もうらないや

青春せいしゅん日々ひびなんか どんなかはらないけど
もしもこれがちがうのなら もういらないや もうらないでいいや

元々もともとどんな出逢であいだったかも おもせぬほど大雑把おおざっぱなもん同士どうし
まぐれのような かぜけばらばっちゃうよ

人付ひとづいもとく得意とくいほうじゃなくて むしろ億劫おっくうほう
それがどうしてどうなって こんなとこまでやってたんだっけ

きっとなんとなくのてる方向ほうこう なんともえぬアンニュイなツボ
気持きもちいい、うれしいとひび感動かんどうのスイッチがもしかしたらどうも

奇跡的きせきてきおなじあたりにあり つまりこんなにうれしいことはない
「こんなことはない」ってことが こったそれがきみ

友達ともだち意味いみなんか おれらないけど
もしもこれがそうじゃないなら いらないや もうらないや

青春せいしゅん日々ひびなんか どんなかはらないけど
もしもこれがちがうのなら もういらないや もうらないでいいや

おれたちは友達ともだち」なんていままで一言ひとことわずに
たりまえすぎて こっぱずかしすぎて でもこの機会きかいに「おまえ友達ともだち

いつもっぱらえばあおアザだらけで いつかない 気持きも
さわぎすぎて 翌朝首よくあさくびがむちち さぁ今日きょうはどうすっかね 午前5時ごぜんごじ

そう風知空知ふうちくうち厚顔無恥こうがんむち もう何言なにいわれようが心地ここちいいBGM
一人ひとりちかったあのよるぼく もうすこしだけやぶれるよすぐ

れずに えずに れあわずに 一途いちずに ぶれずに られながら
ときりこの身委みゆだねながら ありがとうさえくちにせずに

やぶれた 粉々こなごなになるまで夢剥ゆめはがれた
馬鹿ばかげたゆめた」なんてしにできるわけないほどにけてた
かってるよてた 最前列さいぜんれつなにわず おまえ勇姿見ゆうしみてきた

うつくしかったよ いままでたことないほど
いさましかったよ いままでのどんなおまえよりも
くやしかったよ 何億分なんおくぶんいちだろうと
なんわれようがおれねがいでもあったから
はじめて 自分以外じぶんいがいゆめ見方知みかたしったからさ

友達ともだち意味いみなんか おれらないけど
もしもこれがそうじゃないなら いらないや もうらないや

青春せいしゅん日々ひびなんか どんなかはらないけど
もしもこれがちがうのなら もういらないや もうらないでいいや

大事だいじ意味いみわった いままで大事だいじなもんは
けっしてはなすな にぎってわたすな そっとぎゅっとしてざした

けどいまとなっては 跡形あとかたもなくなった
まえにはせるよ おまえならえるよ これがおれすべてだって

明日あしたにはえちゃいそうな それくらいのきずな
おれらにはいいや それくらいがいいや いついつまでもなんかよりか

いつかくなるの いまはマタタキの さらにマバタキの
その一刹那ひとせつなとしても わらえるよ かまいやしないよ おまえらをおれきざむよ