「五月の蝿」の歌詞 RADWIMPS

2013/10/16 リリース
作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくきみゆるさないよ なにがあってもゆるさないよ
きみおそわれ ぐるみがされ レイプされポイってされ途方とほうれたとて
そのよこ満面まんめんみで スキップでもしながら 鼻歌はなうたくちずさむんだ
ぼくきみゆるさない もうゆるさない もうゆるさないから

かなしみやうれいのかげひとつも宿やどさず
かわいいといわれて みにくくさったその表情ひょうじょう
もうフォークをきたてたいよ
あぁ死体したい 死体したいになったきみたい

おのみにくじて 髑髏しゃれこうべ
名前なまえよりさきにごめんなさいを口癖くちぐせ
今日きょうまで 手合てあわせ きてきたのに
バカみたい きみてると

まるで自分じぶん世界一汚せかいいちけがれなきものおもえてきたりもするんですが
生憎あいにくそんな遠回とおまわりせずともぼくぼく大事だいじにできるから
もういらないよ

ぼくきみゆるさないよ なにがあってもゆるさないよ
とおされ はらわたこぼ血反吐吐ちへどはきみたすけをもとめたとて
ヘッドフォンで大好だいすきな音楽おんがくきながら こぼれたはらわた縄跳なわとびをするんだ
ぼくきみゆるさない もうゆるさない もうゆるさないから

きみつみさば法律ほうりつはない あぁ なんて世界せかい
わりにぼくばっしてあげましょ なんてうかよバカ

きみにあげたぼく言葉達ことばたち成仏じょうぶつせよ
その身体からだはなった いとしのぼく精液せいえきを おねがいよ かえしたいの
かわいそう かわいそうできそう

そらあおいように はなるように きみきらほか説明せつめい不可ふか
きみ主演しゅえん映画えいがなかぼくはそう 最強最悪さいきょうさいあく悪役あくやく
激動げきどうてに やっと辿たどいた ぼくにもできた絶対的ぜったいてき存在そんざい
こうやってひときてゆくんでしょう? まれてはじめての宗教しゅうきょうきみです

ぼくきみゆるさないよ なにがあってもゆるさないよ
きみあいするが いつか物心ものごころつくとこうってわめすんだ
「おかあさんねぇなんで アタシをんだのよ」
「おかあさんのになんてまれなきゃよかった」
「おかあさんのになんてまれなきゃよかった」
「おかあさんのになんてまれなきゃよかった」

そこへぼく颯爽さっそうあらわれて りょううで彼女かのじょをそっときしめるんだ
きみなにわるくないよ わるくないよ わるくないから」