「叫べ」の歌詞 RADWIMPS

2009/3/11 リリース
作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
さけべ」というこのたしかなこころを 「またね」というその不確ふたしかな言葉ことば
くさぬように わすれぬように いられるように

今日きょうが これからの人生じんせいはじまりの一日目いちにちめなんだよ
昨日きのういままでの人生じんせい一番最後いちばんさいごだったんだよ

朝目覚あさめざめ これからの人生じんせい歴史的一回目れきしてきいっかいめのトイレへと
またもこれからさき人生じんせい歴史的一歩目踏れきしてきいっぽめふしたんだ

ところが昨日きのうおなぼくだった かえすことに嫌気いやけさしたんだ
ふとだれかの言葉ことばおもした 「歴史れきしかえす」とはこのことか

さけべ」というこのたしかなこころを 「またね」というその不確ふたしかな言葉ことば
がさぬように わすれぬように いられるように

眠気眼ねむけなまこでたたんだ布団ふとんひさしぶりに片付かたづけた部屋へや
すべてささやかながらぼくからの 未来みらいぼくおくるプレゼント

ちかいの言葉壁ことばかべいたのも 目覚めざましかけ ねむりについたのも
すべては今日きょうえるぼくからの 明日あしたぼくけた挑戦状ちょうせんじょう

一瞬いっしゅんたりともおなぼくはいない それだけはわすれずにきていたい
その一人一人ひとりひとりつないでた たすきを今僕いまぼくかたにかけた

昨日きのうとはちが今日望きょうのぞんでも こうからおないろ明日あしたても
いやおうでも ぼくちがぼくになれる

あの日叫ひさけんだぼくこえだって わすれてなんかいやしないよ
あの日誓ひちかった再会さいかいもいつか たせるまでつないでいくよ

何万年なんまんねんがれてきて ぼくまれてきたように
かならぼく未来みらい自分じぶんいままでのぼく つないでいくよ

すべてが そこからの人生じんせい記念きねんすべき一回目いっかいめになんだよ
すべてが そこまでの人生じんせい最後さいご一回いっかいになるんだよ

今日きょうだれかの人生じんせいはじまりの一日目いちにちめなんだよ
今日きょうだれかの人生じんせい一番最期いちばんさいごだったんだよ

さけべ」というこのたしかなこころを 「またね」というその不確ふたしかな言葉ことば
さけべ tu-lu tu-lu
tu-lu tu-lu tu-lu