1. 愛し歌詞

「愛し」の歌詞 RADWIMPS

2005/3/8 リリース
作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
だれかをあいせたあのとき気持きもちでいつもいれたら
だれかをきずつける言葉ことばもこのにはなかっただろうなあ

ちていて れていて こころはいつもだれかを
つきはなして またもとめて いつもときのせいにして

きずつけてきたひとかおにだけモザイクをかけて またこころあいさが
あいされるそのためだけにやさしさはあると
ずかしがることもなくそれをひとんだ

あいしているというこえいているようにこえた
こころがいつかうそをつくのを ぼくはどこかでっていたの

もっと自分じぶんきになれ ってくらいひとやさしいきみ
自分じぶんのために使つかこころ のこってるの?

ぼくはダメなの ぼくこころ ぼくだけのために使つかうものなの
こんなぼくをなぜいとしく おもえるの?

(たたえて こらえて あふれて)
きみのまぶたは ぼく自分じぶんのために いつもうそをつくたび ただなみだこぼすの
(まれて くるまえからわかっていた)
神様かみさまってた すべてこうなることを そしてきみひとみ おおきくつくったの

そこからていたの ってたの いつでもぼくぼくのことを
だれよりなにより 一番好いちばんすきなのを

それなのに それなのに きみ言葉ことばう こんなぼく
だれよりなにより ぼくいとしいと

きみはそれをやさしさと ぶことさえらずに

きみの いつだってだれかのためにあったこころはいつも
どれだけの自分じぶんあいせただろう

ぼくに いつだってやさしくしすぎていたぼくはいつも
どれだけの「だれかを」あいせただろう

言葉ことばはいつもそのひとうつしたがってた
神様かみさまはなぜこんなちかくに言葉ことばつくったの?

こころはいつも言葉ことばかくだまってた
神様かみさまはなぜこんなふかくにこころつくったの?

こころ言葉ことばかさなってたら ひとつになったら
いくつのきみへのかなしい うそやさしいいろになってたろう

(Iアイ wasワズ hereヒア toトゥ tellテル youユー whyホワイ)
みんなそう 自分じぶんのためだけにいつも「だれか」がいる
(Youユー wereワー hereヒア toトゥ tellテル meミー whyホワイ)
じゃその 「だれか」のためにはなんでぼくはいないの?

きみはそう きっとそう 「自分じぶんよりきなひとがいる」自分じぶんきなの
いまえるよ 「自分じぶんよりきなきみがいる」いまぼく

ひとひとのためにながなみだ それこそがあい存在そんざいあかし
それをおしえてくれたのはきみきみつくったぼくこころ

がために それがぼくのために」 いまえるそれがありのままに
きてくことだと それがひとなんだと

ぼくはそれをやさしさと ぶことはもうしないよ

きみの いつだってだれかのためにあったこころはきっと
そんな自分じぶんあいしたのだろう

ぼくも いつかはあいせるかな きみのようになれるかな
ぼくはどれだけの「だれかを」あいせるかな


いたね きみいたね こころが「いて」とさけぶまま
ぼくきらいにならないように そういのるように

きみあいしたね ひとあいしたね こころれそうになるまで
きみぶんまで きみのため れるまで

あいしているというこえいているようにこえた
こころがいつかひとすくうのを きみはいつでも っていたの