「謎謎」の歌詞 RADWIMPS

2009/3/11 リリース
作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
内側うちがわからはきみにだけしかえないのに そとからはぼくにしかえないものはなーんだ
きみからはけっしてはなれようとはしないのに ぼくからは平気へいきはなれてくものはなーんだ

ぼくうそをついてもきっとからないのに きみうそをつくとすぐかるものはなーんだ
かなしいとき無理むりしてわらってみせるのに うれしいときなみだながすものはなーんだ

それはひかっていた 見上みあげるとひかっていた
まえってきた それはまるで それは きみ

真夜中まよなかかるにじのように
昼間ひるまかがやほしのように
なつそそゆきのように
それは それは あたらしかった

砂漠さばくるシロクマのように
都会とかいるオーロラのように
火星かせい生命せいめいのように
それは それは うつくしかったから

ぼくこえしてしかつたえられないのに きみくちにせずともはなせるひとはだーれだ
きみまれたときにはすでに出会であってるのに ぼくはやっとこの前出会まえであえたものはなーんだ

きみとはぬまでわかれることはないとおもうけど ぼくにはいつわかれがくるかわからないものはなーんだ
だけどそれでもいいとおもえるものはなんだ だってそれだからこそ出会であえたものはなーんだ

そうだ 出会であったんだ あの時出会ときであったんだ
すべてになったんだ それはまるで それはきみ

なつつぎはるるように
ひるつぎあさるように
なしさくらるように
ぼくまえあらわれたんだ

くもうえあめるように
ひとみからうろこちるように
そのどれもがいとも簡単かんたん
こるようながしてきたんだ

きみはそいつをきらいになってしまったとう もう一緒いっしょにはいられない えてほしいと
内側うちがわからたそいつをぼくらないけど そとからたそいつならよくっているから

半分はんぶんしからないままにこたえをすのは なんかすごくとても あまりに 勿体もったいないから
そとからずっとてたぼくはなしいてよ 一番近いちばんちかくにいたぼくてたきみは それは きみ

真夜中まよなかかるにじのように
昼間ひるまかがやほしのように
なつそそゆきのように
それは それは あたらしかった

砂漠さばくるシロクマのように
都会とかいるオーロラのように
火星かせい生命いのちのように
それは それは うつくしかったから