1. 魔法鏡歌詞

「魔法鏡」の歌詞 RADWIMPS

2009/3/11 リリース
作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
たったひとつだけあやめたとしても
たったひとつだけきずつけたとしても
さばかれないいのちがここにあるよ
この一番いちばんそばに

きずつけうことはできても
そのにぎれはしなくて
こえはちゃんとこえているのに
ぼく鼓膜こまくれないの

もうすこしだけ このまぶたにってて
いつだってそう えるのは一人ひとりだけ

もうすこしだけ その声震こえふるわせてて
きたいのに けぬなら わらえばいい」

たったひとつだけきらわれたとしても
たったひとつだけ裏切うらぎられたとしても
きみはなさないいのちがあるんだよ
その一番いちばんそばに

それをまもっていけるのかな
くさないでいられるかな
くしたくてもくせやしないよ
ぼくぼくをやめれないの

もうすこしだけ このまぶたにってて
らししても えるのは一人ひとりだけ

もうすこしだけ その声震こえふるわせてて
しても まぬなら うたえばいい」

きみきみまもれるかな 勇気ゆうき使つかかたかるかな
きみはきっと苦手にがてだから できることはぼく手伝てつだうから

くちだけは達者たっしゃなあいつはきっとね ずかしがりだから
かがみにはうつらないけど こうがわきみてるから

もうすこしだけ このまぶたにってて
いつだってそう うつるのは一人ひとりだけ

もしかしてさ あのときかがみ
しそうなかおした あのぼくは…