1. DUGOUT歌詞

「DUGOUT」の歌詞 RADWIMPS

2011/3/9 リリース
作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
はははらいてまで てきたこの娑婆しゃば この世界せかい
ははいたみに見合みあうだけの 意味いみ意義いぎのこせるもしなくて

なかのへそのがとれたときからもうひと皆迷子みんなまいご
たとえてうならそれはまるで ひものとれたたこそらばたくよう

最近さいきんよくもどりたくなるよ 産道通さんどうとおってかえりたくなるよ
でっかくなってもどってたよと って

さがしたって居場所いばしょはないよ そんなもんどこにもない
ここにあるのは見渡みわたかぎりの 宇宙うちゅうだけ

この広大こうだい世界せかいなか
このちいさな社会しゃかいすみっこに
りにされたこの
やりすべもなくて

迷子まいご迷子まいごちがうたび ひとつ、またひとつとみちえて
んでゆくだけの迷路めいろだれかがふと世界せかいんでみたんだ

「あっちこうよ」「こっちにこうよ」「あっちけよ、こっちるなよ」
「それならばあっちにこうよ ねぇそうしようよ」

どっちにこうと袋小路ふくろこうじ つかりっこない広小路ひろこうじ
うしかえればてのない 歴史れきし

がった歳月さいげつ先頭せんどう
ちてゆく時代じだい最後尾さいこうび
わすれられたこの
かた すべもなくて

迷子まいごしたこたえのかずだけみちができた
みちじったとこにいさかいがまれたんだ
いつだって勝者しょうしゃのこした言葉ことば歴史れきしになった
そうぼくみたいな敗者はいしゃのこした言葉ことばなんか
けむにかれてゆく ながれてゆく ほうむられてゆく

毎日何まいにちなにかをべてまで しがみついているこの世界せかい
あやめたいのち見合みあうだけの 価値かち意味いみ
あるとは到底思とうていおもえるはずもなくて

えてきた日々揺ひびゆらいだとて
てたちかいが明日あすざしたとて
なぐさめだろうかばつなのか
ときながれをはやめるの

何言なにいわれようが そのその脚縛あししばられようが
そのあしいたほうが いつ何時なんどきだってまえになんだ
前倣まえならえってわれようが づいたらばビリになっていようが
うしかえってみりゃ ほら先頭せんとうにブッチギってってるんだ