「One man live」の歌詞 RADWIMPS

2009/3/11 リリース
作詞
野田洋次郎
作曲
野田洋次郎
文字サイズ
よみがな
hidden
いつのまにかぼくらのあたまかしこくなっていて
いたみをえるのには よりおおきないたみをと

されたときにはそこをおもいっきりつねるんだ
出物でものいたいのなら つぶしてしまえばいいんだ

だから ただ ただ傷付きずつけてみるけど

そうはわれましてもこれをえるようないたみなど
どこをどうさがしてもね なぜかつからないんだよ

それどころか かえってこのいたみのふかさに気付きづいたよ
いままでのかなしさなど たのしくおもえてしまうほど

だれか ただ ただ気付きづいてとしぼるけど

いましそうなそのこえ世界せかいにかきされてしまったら
ぼくがマイクをってかうから きみはそこにいてくれていいんだよ

きみむねにそれをてて ボリュームを最大さいだいにまでげて
ハウったってそんなのかまわない そのおといま きみこえになる

きみはやくなってく鼓動こどうがテンポをつくってく
こうなればかなしさなども すべ味方みかたにつけて

でもところがなんでか かなしみはうしかえれば
すでにこぶしげてはこえらしていたんだよ

もしもれかけたそのあしいたみをかんじなければ
きみなにらず あるつづけるだろう

きずついたことに気付きづいてとねがう そのいたたち
きみまもるためにそこにいたんだよ

ならば もう もうこわいものはないんだと

いましそうなそのゆめ世界せかいしつぶされてしまったら
ぼくがアンプをってかうから きみきみこころにぎってて

そのぐちにケーブルをして ゲインを目一杯めいっぱいまでげて
ひずんだってそんなのかまわない こえにならないこえかせてよ

その鼓動こどうはどんどんがってく ラストにけてきょくがってく
はしったってそんなのかまわない そのすべてがいま きみうたになる

このまんまるい地球ほし客席きゃくせききみ君自身きみじしんをそのステージに
そこでらされるそのおとむことない拍手はくしゅひび

きみひろ客席きゃくせき見渡みわたとおうしろのほうにける
一番後いちばんうしろで拍手はくしゅおくるのは 地球ちきゅう一周いっしゅうしてきみ