「君のために僕が盾になろう」の歌詞 RAG FAIR

2006/9/20 リリース
作詞
井出コウジ,引地洋輔
作曲
井出コウジ
文字サイズ
よみがな
hidden
きみのためにぼくたてになろう きずをつけるすべてのことから
ひとみなかもう君以外きみいがい うつらないんだ

じればかんで ひかりのようにつつんでくれる
ゆめまよったぼくらすように きみはそこでっててくれたね

出会であいの瞬間しゅんかん奇跡訪きせきおとずれてたのに
これ以上探いじょうさがすべきものなどなかったのに
こんなにちかくで遠回とおまわりしてた 毎日まいにちわかれをげよう

ただひとつだけおもいをむね今日君きょうきみむかえに
いつわりのない言葉ことば こころから今捧いまささげて

きみのためにぼくたてになろう きずをつけるすべてのことから
まようときもなやめるときも ずっとあいきてくとちかうよ
きみとまだかちおう いつのとき一番側いちばんそば
ひとみなかもう君以外きみいがい うつらないんだ

かえれば こんな二人ふたりだから おもかぞれない
なみだよる微笑ほほえあさきみぼくたしていたんだ

天使てんしはね賛美さんびこえみちびかれてある
これからはなにもかも こころからぼくあずけて

きみのためにぼくたてになろう きずをつけるすべてのことから
めるときもすこやかなときも ずっとあいきてくとちかうよ
きみのためにぼくたてになろう きずをつけるすべてのことから
つめてたい未来みらいきみとなりでいつまでも
きみとまだかちおう いつのとき一番側いちばんそば
ひとみなかもう君以外きみいがい うつらないんだ