「空がきれい」の歌詞 RAG FAIR

2003/1/16 リリース
作詞
土屋礼央
作曲
豊島吉宏
文字サイズ
よみがな
hidden
あふれす その笑顔えがおぼくこと まどわせる
わすれかけていたその気持きもしろいきなかで…

ナチュラルな その素顔すがおぼくこと さそわせる
手袋てぶくろしてドアをける ふわりとしたかお

おな時間じかんなかいくつものかたちをっていた
きみかんじるまま素直すなお自然しぜんにただ そのままであるいている

あふれす その笑顔えがおぼくこと まどわせる
じてゆっくりける いま そらがきれいです

ぼくにするそのぶりが なんとなくなごませる
背筋せすじをのばしいきをはいた だまりがまぶしくて

おな時間じかんなかいくつものかたちをこなしてきた
ぼくかんじるものすべてをてるようにげててはめている

あふれすその笑顔えがおをみて ぼくは そっとをつなぐ
じてゆっくりける いま きみはきれいです

Efficientエフィシェント manマン ぼくあたまなかでは だけど
Emptyエンプティ manマン やっぱからだったんだ
きみあいとか素敵すてきとかゆめとかかんじていた
くままに とりのように

あふれす その笑顔えがおぼくこと まどわせる
じてゆっくりける
いま そらがきれいです
いま そらがきれいです