1. 降りそうな幾億の星の夜歌詞

「降りそうな幾億の星の夜」の歌詞 RAG FAIR

2006/6/14 リリース
作詞
井出コウジ,引地洋輔
作曲
井出コウジ
文字サイズ
よみがな
hidden
りそうな幾億いくおくほしよる いたくてっているよ
あなたがはる宇宙そらヘとえても 此処ここうたうだろう

きらきらひかる ひらひらきえる

七月しちがつ夢花火ゆめはなび 二人ふたりほほめた
あいしてる っただけ むね千切ちぎれていた

永遠えいえんなんてありはしないよ…」 つぶやくこえぼくなに
かえせないままくもてた あのおな夜月よづき

りそうな幾億いくおくほしよる ふたつだけかわえる
奇跡きせきがもしも今夜起こんやおきるなら あなたにいたい

まぼろしをかべては 一人ひとりばした
あいしてる いまはただ おともなくひびいた

「もうすこしだけこのままいさせて…」かすかなひかり うでなか
ひとしずくながれてくその理由わけに せめてづいてたなら

りそうな幾億いくおくほしよる いたくてっているよ
あなたがはる宇宙そらへとえても 此処ここうたうだろう

いつまでもいつまでもめぐおもいよ どこまでもどこまでもてなくらせ
いつのかいつのかあなたがねむ彼方かなたまで彼方かなたまできっと

りそうな幾億いくおくほしよる ぼくはまだ此処ここにいるよ
奇跡きせきをもしも今夜起こんやおこせるなら あなたにいたい

きらきらひかる ひらひらきえる